肘部管症候群とは、肘関節の後ろにある尺骨神経が、肘の内側にある「肘部管」と言う名前の神経の通り道で、圧迫されたり、引きのばされたりして起こる神経障害の事を言います。神経が圧迫される要因として、長時間の重労働や加齢が原因の肘の骨の変形、ちいさい頃に肘を骨折した事などが原因として考えられているんですね。ちなみに、尺骨神経とは、肘をぶつけた時に電気が走ったような痛みを感じた経験が誰にでもあるそうですが、それを感じる神経の事です。症状は麻痺の進行によって異なります。最初の段階では、小指と薬指の小指側にしびれ感を感じるようになるでしょう。麻痺が進行していくと、手の筋肉がやせて、細かな動きがしにくくなったり、小指と薬指が真っ直ぐに伸びない、いわゆる鉤爪(かぎづめ)変型になったりします。また、筋力が低下していきますから、指を開いたり閉じたりする運動もできなくなり、握力も低下して日々の暮らしにも支障をきたすようになってくるのです。診断の際には、肘の内側のくるぶしの後ろを軽く叩くと、ジンとした痺れや痛みが指先に走るかどうかをチェックします。また、電気で神経を刺激して筋肉が反応する速度を計測し、どのくらい神経が痛んでいるのか、どの部分に神経障害が起きているのかなどのチェックを行うこともあるのです。肘に変形がある場合は、レントゲン検査を行って、肘の変形具合や関節の隙間が狭くなっていないかどうかもチェックしますー