市販の脱毛器の中で、ipl脱毛器は使いやすい?

市販されている家庭用脱毛器にはいろいろな種類がありますよね。
その代表的なものが、熱線式脱毛器、レーザー式脱毛器、そしてipl脱毛器です。
それぞれが異なる特徴を持っていますが、果たしてipl脱毛器は使いやすい商品なのでしょうか?
まず、熱線式脱毛器とは、本体内部でワイヤーが熱されて、その熱を利用して毛を焼く脱毛器のことをいいます。
この脱毛器の場合、比較的安価で購入できるのがメリットですが、毛を焼くときの焦げ臭いにおいが苦手という方が多いのが特徴です。
また、脱毛をする際には、伸びている毛のみを処理できるものになります。

次にレーザー式脱毛器は、ムダ毛の部分にレーザーを照射して毛を処理する方法です。
毛の持っている黒色色素に反応するため、ムダ毛を伸ばしていなくても処理できます。
ただ、本体価格が高いのがデメリットと言えます。

最後に、ipl脱毛器ですが、一般的に販売されている脱毛器の主流を占めています。
ipl光線という、光を照射することで、ムダ毛を処理します。
レーザー式脱毛器と比べると照射範囲も広く、スピーディに処理できるのが特徴です。
ただ、一定回数照射すると、カードリッジを交換する必要があるので、追加費用が掛かってきます。
このように、いろんな種類がある家庭用脱毛器ですが、平均して使いやすいものはやはりipl脱毛器と言えます。

業務用ipl脱毛器はどんな特徴があるの?

エステティックサロンでは、業務用の機材を用いて脱毛をすすめていきますよね。
では、実際にはそれぞれどんな違いがあるのでしょうか。

・ipl脱毛
脱毛サロンで使われる機材の一つでインテンス・パルス・ライトとう光線を用いた脱毛器です。
この業務用脱毛器は、皮膚の下の毛穴に潜むメラニン色素に反応して、脱毛効果を引き起こします。
メカニズムとしては、医療用のレーザーと同じ脱毛方法ですが、威力は弱く、医療用機材の10分の1とも言われています。
ただ、照射範囲は広く、その分、脱毛時間は短くスピーディになります。

・SSC脱毛
SSC脱毛は、スムース・スキン・コントロールメソッドと呼ばれています。
こちらも脱毛サロンで使われる機材の一つです。
SSC光線を照射する前にあらかじめビーンズジェルというものを塗っておきます。
このジェルはフラッシュが照射されることで、毛が伸びにくくなる成分を含んでいます。
つまり、脱毛とはいうものの、積極的に毛を抜けるわけではなく、毛が伸びるのを抑制する働きをします。
この方法の場合、照射をすることで、今生えている毛が消えるわけではなく、あくまで抑毛効果が期待されることになります。
根本的に脱毛したいのなら、ipl脱毛がおすすめですよ。

家庭用脱毛器のおすすめ機種ケノン

昔は脱毛というと、かなり費用が掛かっていましたが、最近では自宅で簡単に脱毛できるようになりましたよね。
特に、家庭用脱毛器の性能も良くなって、サロンレベルの機械が出ています。
そこで、家庭用脱毛器の中でも使いやすさなどを考慮しておすすめの機種ケノンをご紹介します。
楽天でも連続1位の座を誇っていて、口コミ数もナンバーワンの家庭用脱毛器です。
家庭用脱毛器と言ってもおしゃれなデザインで、シャインピンク、パールホワイト、シャンパンゴールド、ブラックの4色展開です。
しかも日本製なので、安心して使うことができますよ。
また、保証期間も充実していて、自然故障では1年間の保証が約束されています。
通販で家庭用脱毛器を買うのは抵抗ある人もいますが、保証期間もついているなら安心して購入できますよね。

ケノンが好評な理由はなんといってもその使いやすさです。
ハンディタイプでお肌にも照射しやすく、持ちやすいのがポイントです。
さらに一度照射した後のチャージ時間も早くなんと2秒で次の照射が可能です。
その為、待ち時間というストレスなく脱毛することができます。
また、照射範囲についても9.25平方センチメートルと広範囲を一度に照射できるので、脱毛にかかる時間がとても短くてすみます。
メリットたくさんのケノン、人気の理由が良く分かりますね。